.
.

特長と体系 | 精度許容差 | 取付面の肩の高さとすみ形状 | LMBガイド取付面加工精度の推奨値 | 取付方法 | 寿命

.

..
.
精度許容差 Accuracy Tolerance


LMBM

LMBM-W

HC,HS

M-SH,SN

.

各部寸法許容差 Accuracy of each parts

LMBM,LMBM-W
HC,HS

M-SH,SN

高さ
Height

寸法許容差
Dimensional Tolerance

±40

±80

±100

ペア許容差
Pair Tolerance

30

25

50


Width
N(W4)

寸法許容差
Dimensional Tolerance

±40

±100

±200

ペア許容差
Pair Tolerance

30

30

50

.


図1  走行平行度 Parallelism

「高さHのペア許容差」;
同一平面上に組み込まれる複数のスライドユニットの高さHの最大差です。
.
「幅N(W4)のペア許容差」;
1本の軌道台に取り付けられている複数のスライドユニットと軌道台間の幅N(W4)の最大差です。
※幅N(W4)の寸法許容差、ペア許容差は基準面のみに適用します。
※同一平面上に2本以上のLMBガイドを並列使用する場合には、幅N(W4)の寸法許容差、ペア許容差は、基準側のLMBガイドのみ適用。基準側軌道台には“P”をマーキングしてあります。
.
「走行平行度」;
軌道台を基準取付面にボルトで締め付けた状態で、スライドユニットを全ストローク走行させた時の、A 面に対する C 面及び B 面に対する D 面の平行度誤差の事を言います。

「Pair Tolerance of the Height"H"」
This is the maximum tolerance of the height"H" of plural slide units built-in on the same plane.

「Pair Tolerance of Width N(W4)」
This is the maximum tolerance of the width N(W4)between track rails and plural slide units mounted on a track rail.
・Size tolernce of Width N(W4)and pair tolerance apply only to the datum plane.
・When more than one LMB guides are used in parallel on the same plane, size tolerance of width N(W4)and pair tolerance apply only to an LMB guide on reference side. The track rails on reference side are marked with "P".

「Traveling Parallelism」
This is the parallel tolerance of the distance from reference side plane A to plane C and from reference side plane B to plane D , when a slide unit is run in specified strokes while the track rail is mouted with bolts to the mounting surface of datum plane.

.